超低分子ヒアルロン酸 HA4の応用

変形性関節症

現状とHA4

4m1.png変形性関節症は、軟骨・骨の変性疾患であり、関節の痛み、腫れ、関節液の増加、などといった症状が見られます。加齢とともに発症しやすく、日本での患者数は700万人以上といわれています。中高年以上に多く発症し、QOLに大きな影響を与えています。

 当社におけるこれまでの研究においてHA4を含むクリームをブタの皮膚に塗布したところ、高分子のヒアルロン酸量が増加したというデータが得られています。高分子のヒアルロン酸は変形性関節症の治療薬として使用され、軟骨変性の抑制作用や疼痛抑制といった効果があることが知られています。
4m2.pngそこで我々はHA4にも変形性関節症に対し効果があるのではないかと推測し、マウス変形性関節症モデルを用いてHA4の効果を検討しました。その結果、HA4にも変形性関節症の症状が緩和(後肢状態スコアの改善、X線写真撮影による関節変性の抑制の確認)されることが明らかとなりました。