超低分子ヒアルロン酸 HA4の応用

多発性硬化症

現状とHA4

1m2.png多発性硬化症は脳や脊髄、視神経等の髄鞘が破壊されることにより、視力障害や運動・感覚障害が引き起こされる難病です。国内には12000人程度の患者さんがいるといわれています。現在の治療薬には副作用や高価であるといった問題点があるため、副作用が少なく安価で有効な治療薬の開発が必要とされています。これまでに当社では多発性硬化症の動物モデルである実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)モデルにおいて、HA4の経鼻投与が症状の緩和に効果があることを明らかにしました。