医療機器・医薬品の開発受託事業

CF145.jpg
準備中

グリコサミノグリカンとは

グリコサミノグリカンは生体内において幅広く分布しており、その機能としては細胞分化、発生期における器官形成、生体機能維持などが知られております。近年グリコサミノグリカンには分子量に従って様々な活性があることが見出されており、生体内の分子量を知ることは生命現象を明らかにする上で重要な意味を持っております。
グリコサミノグリカンは、近年サプリメントや健康機能食品等において、生体機能維持のために幅広く製造販売されております。中でも著名なのはコンドロイチン硫酸の膝への適応、ヒアルロン酸の美肌効果等です。我々は経口摂取または塗布されたグリコサミノグリカンを血液、皮膚組織等の生体試料から抽出し分析することができます。